女性の転職に限ったことではないかもしれませんが、未経験転職への転職を決意する際に気になるのは「年齢」ではないでしょうか。
そんな不安を抱えるあなたのために、今回の記事では実際に未経験職種に転職する際、本当に年齢が関係しているのかについてご紹介したいと思います。

1.未経験職種に挑戦できる限界の年齢

おそらくみなさんが一番気にされるのは、「未経験職種に挑戦できるギリギリの何歳までなのか」ということだと思います。
結論から申し上げてしまうと、基本的に年齢による限界はあまり存在しません
ただ年齢によって我慢しなければいけないことが増えたり、ハードルが上がるため「何歳以上は転職できない」といった通説が語られているだけなのです。

また当然求人を出している会社にも「採用する側の都合」がありますので、ある程度の年齢以上の人は募集の対象外としていることが一般的です。
しかしあなたの経歴が魅力的であれば、「是非面接を!」となることも珍しくありません。

2.20代未経験で転職する際に期待されていること

結論から申し上げると、20代の女性が未経験職種に挑戦するハードルは、あまり高いものではありません。
特に20代半ばまでであれば、第2新卒と表現されていたこともあるように、これから仕事をしていくにあたって「将来の伸びしろ」を期待されています。
ですので、どうしてもやってみたい仕事があるのならば、20代の内に挑戦を始めた方が良いといえるでしょう。

また実際に希望の仕事に就いてから、「思っていたのと違う…」と思った場合も、再度の転職をすることで軌道修正することが可能だからです。
しかし日本では、短期間で転職をする人を好まない傾向の職種もありますので、よく考えてから行動をするようにしましょう。

3.30代未経験で転職する際に留意すること

20代での転職とは違い、30代になると一気に未経験職種に挑戦することが難しくなります。
これは転職活動で「不利になる」という意味ではありません。
30代というと、人によっては同一の職種で10年程度のキャリアを持っている場合もあり、そろそろ「脂が乗ってきた」といわれるあたりの年代です。

ここで未経験の職種に転職するということは、「自分が築き上げたキャリアの大半を捨てる」ということとイコールになります。
たとえ憧れの職種に就けたとしても、新卒社員と同等の給料になるかもしれません。

また年下の上司に怒鳴られながら仕事をすることになることもあるでしょう。
これは人によっては転職のデメリットになる要素かもしれません。
そういったことを苦にしなければ、大きなハードルは何もありません。

まとめ

結論としては、未経験職種への転職自体は年齢による影響はさほどないが、年齢が高ければ高いほどキャリアを捨ててでもその仕事をしたいという情熱が必要なようです。
次回からの記事からは、2回連続で未経験でも挑戦しやすい職種の紹介をする予定です。