今回の記事から2回連続で、未経験でも採用されやすい職種をご紹介していきます。
第1回目の今回ピックアップする職種は「事務職」です。
皆さんは事務職に、どのようなイメージを持っておられますでしょうか。
実際に女性の転職先として、事務職は非常に採用されやすい職種といえます。

1.事務職の仕事内容

事務職と一口にいっても、実はその事務職にも様々な種類があることをご存知でしょうか。
社内の庶務全般を担当する「一般事務」
出納を担当する「経理事務」
営業部員のアシスタント役である「営業事務」
貿易実務を取り仕切る「貿易事務」
採用や労務関連を担当する「人事事務」
社内環境を整備を司る「総務事務」
取締役をサポートする「秘書」などです。
他にも就業先によって、「医療事務」や「学校事務」も存在します。

どの種類の事務も、基本的にはバックヤードから、営業や商品開発といった直接的に売上を生み出している生産部門の手助けをすることが、その主な仕事内容です。
誰かのフォローが得意な人に向いている仕事といえるでしょう。

2.事務職が未経験でも採用されやすい理由とは

事務職の中には高度な専門知識がないと務まらない、パラリーガルのような特殊な事務もありますが、基本的には「一般事務」と呼ばれる、最もベーシックな事務職の募集が多いです。
そしてこの一般事務という職種は、未経験でも採用されやすいという特徴を持っています。
むしろ余計な知識を持っていない、未経験の方が採用されやすいかもしれません。

これは何故かというと、一般事務の仕事内容自体は、誰にでもできる仕事だからです。
一般事務の仕事とは社内の規定に従って書類を作成したり、電話、メール、来客の対応をすることがその主になる業務です。
実際に事務の経験がある方であればご存知かもしれませんが、大抵の業務には定型の対応方法が決まっており、自分で何かを考えてやる必要はほとんどありません。

3.人気のオフィスワークは高倍率

先ほどの仕事内容を見て、「自分もやってみたい!」と思われた方もいるのではないでしょうか。
しかしこの一般事務に挑戦する場合、大変人気がある仕事だということを覚えておく必要があります。
この一般事務という職種は、そこそこのお給料と定時上がりが可能で、休日出勤もほぼなく、採用される会社によっては仕事の内容も簡単なものばかりということで、オフィスワークの中でも大変な人気職なのです。
ほとんどの求人で高倍率になっていますので、確実に内定を勝ち取りたい場合は、何か「自分だけの売り」を持って面接に臨むことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一般事務は基本的に高倍率ですが、募集自体も多い職種です。
また何故かやたらと高いお給料が設定されている場合もありますので、挑戦してみたいと思った方はなるべくたくさんの求人情報を調べてみてください。