前回までは、女性の転職の良い部分を中心にご紹介してまいりました。
しかし良いことの裏側には必ず悪いことも存在しています。
今回の記事では「転職した場合に発生する可能性のあるデメリット」についてご紹介します。

1.転職すると収入が下がる可能性がある

日々の生活の基盤となるのは毎月のお給料ですが、転職をすることでお給料が下がってしまうことはよくあることです。
同系統の職種で転職をしても下がることが多いくらいですので、未経験の職種に転職した場合は確実に収入がダウンします。
特に30代で未経験職種に転職する場合は、それまで築いたキャリアを捨て去る覚悟も必要になってきます。
「私はやりたいことを仕事にしたいからお金なんて関係ない」という方であれば何の問題もありませんが、現実はきびしいというのが正直なところではないでしょうか。

夢にまで見た憧れの職種でも、仕事である以上、様々な出来事に直面することでしょう。
慣れるまでは思いもよらないストレスに苛まれることや、調子を崩すことも珍しくありません。
その上で「収入までも下がる」という事実は実際に体験してみると、想像以上のインパクトがあることを覚えておいてください。

2.転職してすぐは結婚や出産をしにくい

結婚や出産に備えて、バリバリと働かないといけない会社から、有給や育児休暇の取得をしやすい会社に転職しようとされる方もおられるのではないでしょうか。
そういった事情をお持ちの方は、転職を完全に決める前に必ず転職先の担当者に育児休暇の取得の可否を確認しましょう。
会社によって差がありますが、「入社1年以内は育児休暇を取得できない」と規定されていることも珍しくありません。

また入社してすぐに育児休暇を取得する場合、現場での人間関係をしっかり構築できていないと、「入ってきてすぐに育休なんて何を考えているの?」と同僚達や上司に思われてしまい、復帰が難しくなることも考えられます。
「社内の規定に従っているから大丈夫」とも言い切れない部分が、未だに存在しているようです。

3.上司が年下になる可能性がある

未経験職種への転職の際によく起こる出来事として、「年下の上司」の下で働くことになる可能性があります。
本来仕事というものは、「年齢ではなく実力」を評価するものになるので、年齢にこだわるということはあまりよくないです。

しかし人間は不思議なもので、どうしても「そこだけは我慢できないほど辛い…」という人もおられることでしょう。

しかし「年下の上司側」としても、いきなり年上の部下ができてしまい、あなたと同じように悩んでいるかもしれません。
気にされない方にとっては全く関係のない話なのですが、この部分がストレスになってしまう方は実際におられると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
転職には良い面も悪い面も存在しています。
また外資系とは違い、日本は男社会であることも多いため、転職をされる場合は、慎重に職探しをすることをおすすめします。