人間は外見とは言っても、身だしなみはとても重要です。
ましてや事務職は細やかな作業が求められる仕事であり、いい加減な人にはそうそう務まりません。
多くの会社は、物事にきっちりとしておりコツコツと頑張れる人を求めています。
自分がそういう人材であるためにも、身だしなみはしっかりと整えるようにしましょう。

服装について

新卒として応募をするのなら、面接時の服装はやはりスーツとなります。
たとえラフな服装で構わないという通知があったとしても、スーツで行くのが無難でしょう。
一方転職として面接を受ける場合は、スーツを必要としない会社も少なくありません。

スーツ以外では落ち着いた色のジャケットやパンツ、無地のシャツといった清潔感のある服装が相応しいと言えます。
ただ何が何でもスーツという考えを持った会社も多いので、不安になった時は無難にスーツを選ぶことをおすすめします。
また間違っても、カジュアルが過ぎる格好はしないようにしましょう。

髪型について

髪の色は黒や控えめな茶色といった、落ち着いた色が基本になります。
ただ白髪があった場合は、どこか疲れている印象を与えることになりますので染めておいた方がいいでしょう。

またオシャレをする必要はありませんが、ここでも身だしなみは重要です。
パサパサだったり伸ばしっぱなしだったり、清潔感がない髪型はNG。
しっかりと手入れを行っておきましょう。

ヘアピンやヘアゴムでまとめておくと、シンプルですっきりとした格好になります。
仕事で髪が邪魔になりそうだったり、あまり動きやすくなそうな印象を与えないようにしましょう。

メイクについて

派手なメイクはもちろんNGですが、すっぴんでいくのも逆効果になることがあります。
ましてや、事務職はお客様と接する機会も多々あります。
メイクも身だしなみと捉え、濃くなりすぎないようナチュラルメイクで仕上げておきましょう。

香水について

香水は特に要りません。
むしろマイナスポイントになる可能性もありますので、付けないようにしましょう。

また夏になると汗による体臭対策として使用をする人もいるかもしれませんが、汗と香水を混ぜるのはむしろ事態を悪化させています。
その場合は他の香りを被せるのではなく、消臭アイテムで臭いを消すことに専念しましょう。

ハンカチについて

ハンカチは持っていく人がほとんどだと思いますが、派手な色だったりキャラクター物だったりすると良い印象を与えない可能性があります。
面接で取り出さなければ良いと言えばその通りなのですが、ついつい出してしまうこともありますので落ち着いた柄のハンカチを選びましょう。